フレッツ光のままじゃもったいない?

通信費をみなおしませんか?

光コラボレーションとは?

NTT東日本・西日本が、「フレッツ光」として提供してきた光回線サービスをさまざまな事業者に光回線の卸売りを行う「光コラボレーションモデル(光コラボ)」を開始しました。
このサービスを使ってドコモ、ソフトバンク、ワイモバイルといった携帯事業者が、自社のスマートフォン契約とセットで光回線サービスを提供できるようになりました。この際に、セットでご契約いただいた方に、通信費を割引くサービスを各社が準備していることから、「フレッツ光」を利用している方にとっては、ご家庭の通信費を節約するチャンスとなっています。

  • 従来型の方式
  • 光コラボレーション

転用とは、NTT東日本またはNTT西日本が提供する「フレッツ光」の利用者が、携帯電話会社等が「フレッツ光」とセットで提供する光コラボレーションのセット契約に移行することを指します。この際、お客さま宅内の通信機器等の設定等を変更することなく、スムーズに移行できるようになります。
※具体的には、「フレッツ光」から「ドコモ光」や「ソフトバンク光」などにのりかえることを指します。

プロバイダーもそのままではもったいない!エディオン指定のプロバイダーにすると…

プロバイダーも乗り換えるとさらにおトクに!

  • docomo
  • SoftBank
  • au
ドコモスマホ×ドコモ光×エディオンネットなら安心!
  • ※設定サポートは当社対象エリアに限ります。※設定サポートは指定の内容となります。
ソフトバンクスマホ×SoftBank光 verエディオンネットならお得!
  • ※エディオンカード以外でのお支払いは対象外となります。
auスマホ×エンジョイ☆auひかりなら安心!
  • ※設定サポートは当社対象エリアに限ります。※設定サポートは指定の内容となります。
  • ※プロバイダーを変更した際は、パソコン等機器の設定の変更が必要となります。またメールアドレスが必要となります。
  • ※プロバイダーを変更する場合、解約料・違約金が発生する場合がございます。